無視せざるを得ぬ町…っ!第二章ネタバレ 委員長~ご開帳せざるを得ぬ股間~その2

投稿日:

エロ教師と化した柿本先生が次に指名したのは委員長。

優等生でエロいことなんか全くしなさそうな女生徒もタイプなようだ。

主人公が制服のスカートをめくり上げるとブルマを履いていた委員長。

さすがの委員長も無視せざるを得ぬ状況で抵抗ができない。

委員長は主人公のことを、無視をして追放する行為に疑問を感じていたこともあった。

だが、度重なる度を越した問題行動に町長が決定した行為は間違いなかったと実感する。

この町を守り続けるために電マでイクわけにはいかないのだ。

その後も委員長が指名され続け、マ○コに電マをあてられる。

余裕で問題に答え、イく様子もない委員長はまるで不感症かと思うほどだ。

そしてチャイムが鳴り、授業が終わるまでイかずに耐え続けた。

次は体育の授業、みんなをまとめる役目の委員長は気合が入る。

そこへ遅れて来たのは主人公。

委員長の背後から来た主人公は、前触れもなく突然パンツとブルマを一緒に下げてきた。

不感症の検証をするという。

しかし、主人公は目の前である物を発見してしまう。

マ○コの上に何重にも貼り合わせ、イかないようにマ○コ防御対策をしていたのだ。

下手な防御ができないように運動着を脱がせブラジャーを外す。

委員長は今日一日全裸で過ごさなければならなくなる。

みんなの先頭に立ち、全裸状態でランニングを始めた。

後ろから走ってくるみんなの視線が自分のお尻に突き刺さる。

どんなに恥ずかしくても毅然とした態度でいようと決意した委員長だったが…

みんなに自分の全裸を見られている内に、今まで味わったことの無い妙な感覚が芽生えてくる。

自分だけ裸で校庭を走っている心細さだった。

ランニングが終わり、みんなの前で正面に立つと柔軟体操を始めた。

女の裸を生で見る男子達は内心喜んで興奮していた。

クラスの男子と女子全員が、委員長の大きなおっぱいやあそこの割れ目に注目している。

裸を全部見られている緊張で身体が震えてしまうほどだ。

次の柔軟は、ご開帳せざるを得ぬ股間…

足を開く柔軟、アソコが丸見えになってしまうので開かないでいた。

そこで主人公は委員長の後ろに来て無理やり足を広げる。

ご開帳せざるを得ぬ股間。

生で初めて見るマ○コに食いつく男子達は息を荒くしている。

委員長もマ○コを見られて興奮している。

 

無視せざるを得ぬ町…っ!6

ココで知られてしまった委員長のコンプレックスとは…

 

 

-無視せざるを得ぬ町

Copyright© 無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレと無料画像。一気読み注意! , 2019 All Rights Reserved.