無視せざるを得ぬ町…っ!2話ネタバレ~ 真由子~揉まざるを得ぬ胸

投稿日:

無視せざるを得ぬ町…っ!7

主人公に背を向け無視せざるを得ぬ先生は授業を再開しようとするが…

「今日の…音読の順番の人は起立して…あ…」

音読の順番が真由子である事を思い出したクラスメイト達は青ざめる。

おっぱい丸出しで制服のスカートはめくり上がり、マ○コからは粘液が垂れ落ちている哀れな姿で音読し始めた真由子。

恥ずかしくて直立出来ず、中腰で音読する真由子のお尻に食らいつく主人公。

「すげっ!メス臭」

パンツの脇からポタポタと滴り落ちてくる。

「真由子のマ○コにチ○ポ挿れていい?」

「ダメだったら言ってくれよ?」

無視せざるを得ぬ状況を承知していながらワザと嫌味を言ってくる主人公。

ーう…うそだよね…ー

震えが止まらない真由子は心の中で叫ぶが、無視せざるを得ぬ町でヤられざるを得ない状況だ。

「真由子とセッ○スする日が来るとはなぁ〜」

ココまでヤられても無視せざるを得ぬ真由子は音読し続ける。

チ○ポをブチ込まれ

「みんな真由子のマ○コスゲエぞ!」

「はぁッ…はぁッ…はぁッ…」

チ○ポを締め上げ、真由子のオ○ホ越え名器に主人公は大興奮だ。

マ○コがチ○ポに突かれるたびアツくなり、身体中に電流が走るような初めての感覚に真由子は意識が飛んでいきそうになる。

「真由子読めよ…俺のことは無視して。」

主人公はチ○ポを突きながらフラフラの真由子に音読続けろと無理強いする。

ー読まなきゃ…ー

そう思っていた矢先、さらに太く硬くなったチ○ポを突かれたらマ○コはさっきよりずっと敏感になっていた。

ーこれ以上突かれたらまたみんなの前で…ー

ーはぁッ…はぁッ…はぁッ…くぅ〜〜〜…ー

「連続イキかよ!」

次第に真由子はイくコツを掴み、主人公は真由子の弱いトコロが分かってくる。

セッ○スされながらの音読はこれ以上読めない。

代わりにエッチな声が出るようになっていく。

「イくぞ!中○しするぞ!」

クラスメイト達は真由子の喘ぐ声をどんなに聞いてもやはり無視せざるを得ない。

「俺の精○受け止めろぉぉぉ〜!」

無視せざるを得ぬ町…っ!5

…くん…ご…め…な…さ…

 

 

-無視せざるを得ぬ町

Copyright© 無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレと無料画像。一気読み注意! , 2018 All Rights Reserved.